おしりのザラザラ、ブツブツ、色素沈着による黒ずみの原因と対策!

何とかしたい!おしりのブツブツ・ザラザラは本当に治るの?

”おしりのザラつき” 1度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンの脱毛は済ませたけどヒップのザラつきが気になって、夏にビキニが着れない…彼氏や友だちと一緒に温泉に行く時にザラつきが恥ずかしくて、一緒にお風呂に入るのに躊躇する…自分のヒップラインを触った時に肌触りが悪く気になる…などなど、ザラつきが気になる場面はいくつかあると思います。

 

ザラつきの原因が何かわからない、自分で見えないおしりの肌をきれいにするのは難しいという声をよく聞くのですが、どのようにケアしていますか?ここでは、お尻トラブルの原因と、その解決方法についてお伝えしていきます。

 

私たちの多くのお肌トラブルは、なんらかの刺激が原因となって引き起こされることがほとんどです。もちろん、これはおしりのぶつぶつ、ザラザラも同じ。

 

じゃあ、おしりがそんな風になってしまう原因となる刺激とはどのようなものなのでしょう?

 

老廃物の蓄積

まず、おしりと太ももの境目、おしりの膨らみの下には老廃物が蓄積されやすくなります。女性なら脚のむくみを経験されたことがあると思いますが、むくみの原因はこの老廃物です。老廃物はカラダの中で処理しきれなくなると、肌にニキビや吹き出物になって出てきます。これが老廃物の蓄積でできたニキビのザラつきです。

 

肌トラブル、炎症

おしりがザラザラする原因の一つにかぶれや炎症があります。皮膚がかぶれたり炎症が起きたりすると、その部分だけがザラザラになって周りの肌とのコントラストで余計に気になってしまいます。また、乾燥などでかゆみもある場合は、ついつい掻いてしまって余計に肌をいためがち。さらに綺麗にツルツルお尻から遠ざかってしまいます。

 

摩擦

下着や服、座り仕事による椅子との摩擦。これがもっとも大部分を占める原因がもしれません。
摩擦が続くとお肌の角質を分厚くしてしています。日常的に毎日のようにこういった刺激を受け続けていると、お肌は自動的に身を守ろうとして皮膚を分厚くしてしまいます。とくに普段事務やパソコン関連など座り仕事をしている女性は要注意。

 

また、軽い刺激とはいえ、下着による刺激もこれが毎日のように積み重なるとそれが肌へのダメージを蓄積してしまいます。
もちろん裸で過ごしましょう!というわけではありませんが、できるだけ摩擦をなくすためにも締め付けのきつい下着やナイロン製の下着はさけたほうが無難です。

 

また、お風呂でカラダを洗う際に刺激の強いボディタオルなどでゴシゴシ洗う人がいますが、これもお尻のザラザラの原因になる場合があります。

 

さらさら美尻を手に入れるためのケア!

保湿

お尻をつるつるさらさらにするためには、やはり乾燥を防ぐのは必須。毎日のお風呂上りには必ずボディクリームや保湿クリームなどでケアしておくことが大事です。

 

ピーリング

やりすぎは良くありませんが、分厚くなった皮膚をピーリングジェルなどで剥がすのも有効的。分厚くなった皮膚部分を直接剥がし取り、本来の皮膚にもどすイメージです。

 

ただし、これは一時的にお尻がつるつるになるだけで、根本的に解決しようとするとこれだけでは不十分です。逆にやりすぎると、肌が刺激を感じ取って余計に守ろうと皮膚を分厚く作り直してしまうことにも。やさしいピーリング剤で、たまにケアする程度がベターです。

 

生活改善

これは基本中の基本。美のすべての生活環境の改善からです。

 

お尻がザラザラになっている人はターンオーバー周期が乱れている可能性が高いので、それを元に戻すための努力必要です。バランスの良い食事、良質な睡眠、ストレスフリーの生活を心がけ、綺麗で健康的なお肌を目指しましょう。

 

ピーチジョンお尻クリームヒップルン効果 乳首美白クリーム